株式会社 コムロ

宮城県内の住まいのリフォーム・水まわりリフォームやバリアフリー・住宅塗装・カーポートなどのエクステリアならコムロへ

事業地域

宮城県県内全域仙台市・塩釜市・名取市・多賀城市・岩沼市・亘理郡 (亘理町・山元町)・白石市・角田市・刈田郡(蔵王町・七ヶ宿町)・柴田郡 (大河原町・村田町・柴田町・川崎町)・伊具郡(丸森町)

 

TOTO
Takara
NAS
LIXIL
my reform recipe

 

HOME»  バリアフリー施工事例

バリアフリー施工事例

バリアフリーリフォームの必要性

施工事例は下のバナーをクリック!

 

バリアフリー施工事例

 

日本人は、今や世界一の長寿という恵まれた状況にあります。
その長い人生を心ゆくまで安心して楽しむには、住まいの充実が不可欠です。

その住まいに関する備えは十分でしょうか。
これまでの住まいはどちらかというと若い時や子育ての時に照準をあわせて、住み手が年をとった時のことまであまり十分には考えてきませんでした。
しかし、今からでも十分に間にあいます。加齢にあわせてより安全に快適に生活できるよう住まいをリフォームをしてみませんか!

人の長生きにあわせて住宅も長生きにするためのリフォーム、老後の生活を生き生きと楽しいものにする生活創造のためのリフォーム、そして、やはり心配な身体機能の衰えをカバーするためのリフォームなど、リフォームは老後の生活の安心を約束します。

 

 

段差解消

段差解消

 

人はみな、健康であっても歳を経るにしたがって身体の運動機能が低下してきます。
特につま先を上げる力は弱くなりやすく、いわゆる「摺り足」に近づいてくるのです。
わずか敷居の1.5cmほどの段差が、腰の骨折→寝たきり→痴呆の進行というプロセスの原因になってしまいます。

住まいのなかで、一番段差の箇所があるのは、和室と廊下(または洋室)の間の建具敷居の段差です。
段差そのものは決して大きくありません。
せいぜい1cm~3cmくらいのものですが、そのくらいの段差が、高齢者や幼児にとって一番つまづきやすい高さなのです。
そういった箇所には、段差解消専用のミニスロープがおすすめです。

また、浴室の段差の解消も重要です。は、つまづいて転んだときのダメージは非常に大きいですから、この段差を解消することも重要です。
大掛かりな工事をして床を上げ、洗面所側にお湯が流れないように溝を造って段差を解消する方法、簡単な解決手段としてスノコを敷いて段差を解消する方法など、当社ではさまざまなタイプに対応しております。

 

お見積りも無料です。

 

 

 

てすりの設置

てすりの設置

 

手すりは、玄関・アプローチ・階段等にただ設置すればいいというものではありません。
生活状況や健康状態等をよく考えた上で、本当に必要な箇所で適切に施工することが大切です。
高齢者や障害者の方々がより快適に生活できるよう、当社ではじっくりとお客様とお話しさせていただいております。 

玄関手すり
玄関や玄関ポーチが整備されていないと、高齢者や障害者は入外出が非常に困難になります。さらに車椅子でも対応できるよう玄関ポーチの段差にスロープを設置したり、玄関まわりもフットライトで明るくすることでも、安全性が高まります。

アプローチ手すり
玄関まわりの整備と同様に、玄関までのアプローチにもきちんと手すりを設置し、こちらもさらに、段差解消・スロープ設置など改善する箇所はあります。客観的な目線で検討することが重要です。

階段手すり
転倒時に大きな事故にもなる階段への手すり設置はすべりにくい材質で、切れ目をなるべくなくすのが良いでしょう。

 

お見積りも無料です。

 

 

 

バリアフリーリフォーム施工事例集

バリアフリー 施工事例

バリアフリー 施工事例   バリアフリー 施工事例   バリアフリー 施工事例

 

 

段差解消リフォーム

▲ 施工のポイント 工事期間3日 工事費25万円
・敷居の段差をなくし、歩きやすくリフォームしました。
・扉もあまり力を必要としないレール式の引戸にしました。
・バリアフリーの基本は「使用者の使いやすいようにする 」ことだと思います。
・浴室と同じように温風暖房も取付けて冬の寒さも快適!